ksocket トークンの発行

ksocket と Kompira cloud を接続するためには ksocket トークンと呼ばれる認証文字列が必要となります。 この ksocket トークンを発行するには、以下の手順に従ってください。

まず Kompira cloud (https://<契約者毎の固有スペース名>.cloud.kompira.jp)にログイン後「全体設定 > ksocket」を選択し、ksocket 一覧画面を開きます。

f:id:kompiracloud:20180720141324p:plain

この ksocket 一覧画面では Kompira cloud に登録されている ksocket と、その接続状態を確認することが出来ます。 はじめは何も登録されていないため、「登録する」ボタンを押し、好きな名称で ksocket を登録してください。

登録が完了すると、登録した名称の ksocket 詳細画面が表示されます。 この画面から「ksocket トークン」を選択して、 ksocket トークン一覧画面を開きます。 すると該当 ksocket に紐付いている ksocket トークン一覧画面が表示されます。

この画面にてトークンの失効日を入力後「作成する」ボタンを押してトークンを発行してください。

f:id:kompiracloud:20180720140555p:plain

トークンの発行に成功するとトークン文字列(ランダムな文字列)が表示されます。 このトークン文字列は発行直後しか表示されないため、安全な別の場所に保存しておいてください。

f:id:kompiracloud:20180720140525p:plain

なお、現在 ksocket トークンの最大発行枚数は各 ksocket につき2個までに制限されています。