メール送信によりPigeonの連絡を行う機能をβ公開しました

PigeonはAPIリクエストをトリガとして、誰かに繋がるまで自動的に電話連絡を行うサービスです。 APIリクエストを行うことができるシステムとであれば何とでも連携ができ、その一例として本ブログでもZabbixとの連携について、過去に紹介いたしました。

blog.cloud.kompira.jp

一方で、連携するシステムによってはAPIリクエストを行うことができなかったり、かなりトリッキーな設定が必要になるケースがあります。 先述のZabbixとの連携例においてもサーバー上にわざわざスクリプトを配置しているなど、一手間必要になってしまっているのがわかります。

そこで、今回新たに「メール送信をトリガに連絡を行う」機能のβ版を公開いたしました。

なお、本機能はβのため、使用には個別のシステム設定が必要となります。ご利用を希望する場合は本記事末尾の記載に従い、利用希望の旨ご連絡ください。

機能の概要

特定のメールアドレスに対して書式に沿った形でコールフローID・ガイダンスIDを記載したメールを送信すると、その内容を用いて連絡を実行します。

送信先メールアドレスについて

β版ではご利用のスペースのスペースID( スペースURL https://xxxxx.cloud.kompira.jpxxxxx にあたる文字列 )に基づいてメールアドレスが決まります。 例えば スペースID xxxxx の場合は下記のアドレスを使用します。

xxxxx+5162a03d-b059-4097-a513-f150b018e47c@cloud.kompira.jp

xxxxx をご利用のスペースIDに置き換えてご使用ください。β版ではスペースIDより後ろの部分は上記のまま変更しなくて構いません。 (正式版では仕様が変わりますのでご注意ください)

送信内容について

メール本文に下記の2行を記載してメール送信を行なってください。 (IDの値は連絡に使用するコールフロー・ガイダンスのIDに置き換えてください)

callflowId: 85f0a373-8b54-4c70-85a6-71957ecf7f48
guidanceId: e689a0ea-8678-4c68-b832-8b3f8e402398

上記2行が含まれていれば、前後に別の内容を記載しても問題ございません。 また、件名は自由に設定していただいて構いません。

制約事項

β機能につき、現在下記の制約があります。

  • ガイダンスへパラメータを与えることができない
  • 平文またはBase64以外のエンコード形式を受付できない

特に後者の制約により、メール送信に使用するクライアントの種類や設定によっては連絡開始が上手くいかない可能性がありますので、ご了承ください。

連携例(Zabbix)

本機能を用いて先述の記事に記載したZabbixでの連絡アクション作成を行なってみます。

記事の内容に従ってコールフロー・ガイダンスのIDを調べた後、下記のようにアクション作成を行います。 (先述の通りガイダンスパラメータは使用できないため、パラメータを使用しない形に文面は調整しておきましょう)

f:id:honda_fixpoint:20190805140808p:plain

f:id:honda_fixpoint:20190805141249p:plain

以上の設定を行なってアクションの発火を行うと、ZabbixからPigeonへメール送信が行われ、これをトリガにPigeonの連絡が実行されます。
Zabbixはメール送信を取り扱いやすく作られているため、APIリクエストを行う方法よりも遥かにシンプルに設定が出来ていることがわかります。

ご利用希望の方へ

本機能を利用するには個別のシステム設定が必要となりますので、ご利用を希望される場合は下記の内容でメールにてご連絡ください。

項目 内容
メールアドレス devcloud@kompira.jp
件名 メールトリガ連絡ご利用希望
本文 会社名・ご担当者名・スペースIDを記載してください。
(スペースIDの調べ方は「送信先メールアドレスについて」を参照してください)