ksocketからWindowsサーバーの接続受け入れ設定を一括で行う手順を公開しました

Sonarを用いてWindowsサーバーからの情報収集を行う際、ksocketのクレデンシャルファイルを作成すると共に、各ノードにWinRMの設定を行う必要があります。 この設定が大変、という皆様からの多くの声を受け、設定を一括で行うためのひとつの方法を簡易ながらマニュアルとしてまとめさせていただきました。

Active Directory環境下限定の方法とはなりますが、これから大量のWindowsサーバーを管理される予定の方は是非お試しください。

ksocket接続受け入れの一括設定マニュアル

引き続き、ご愛顧のほどよろしくお願いします。