Ksocket の手動アンインストール

何らかの事情により ksuninstall が利用できない場合に手動で Ksocket をアンインストールする方法です。 通常は Ksocket マニュアルの指示通り ksuninstall を用いたアンインストールを行ってください。 なお Linux の場合は root ユーザー、Windows の場合は管理者権限で実行することを想定しています。

注意

Ksocket のアンインストールを行うと設定/接続情報ファイル等が全て消えます。 また接続情報ファイルの簡易暗号化を行っていた場合、復号化出来なくなります。 アンインストールを実行する前に、必要な情報のバックアップをお願いします。

注意

Ksocket サービスの停止

systemd

OS が systemd によりデーモンを管理している場合は以下のコマンドで ksocket デーモンを停止します:

% systemctl ksocket stop

主に RHEL 7.x, CentOS 7.x, Ubuntu 16.04 LTS, Ubuntu 18.04 LTS が systemd を利用しています。

Upstart

OS が Upstart によりデーモンを管理している場合は以下のコマンドで ksocket デーモンを停止します:

% initctl stop ksocket

主に RHEL 6.x, CentOS 6.x, Ubuntu 14.04 LTS が Upstart を利用しています。

Windows

コマンドプロンプトにて以下のコマンドで ksocket サービスを停止します:

> sc.exe stop ksocket

Ksocket サービスの削除

systemd (Ksocket v1)

OS により ksocket.service インストール先のディレクトリが異なります。 以下の例を参考に該当ファイルを削除してください。

  • unlink /usr/lib/systemd/system/ksocket.service
  • unlink /etc/systemd/system/ksocket.service
  • unlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/ksocket.service
  • unlink /lib/systemd/system/ksocket.service
  • unlink /usr/local/lib/systemd/system/ksocket.service

その後以下コマンドにて systemd をリフレッシュします

% systemctl daemon-reload
% systemctl reset-failed

systemd (Ksocket v2)

以下のコマンドにてサービスを無効化してください

% systemctl disable ksocket

Ksocket v2 では Ksocket インストール先ディレクトリ下の ksocket.service ファイルを直接サービス化しているため、サービスの無効化とアンインストールが同義となります。

Upstart

以下のコマンドにて ksocket.conf ファイルを削除してください:

% unlink /etc/init/ksocket.conf

その後、以下のコマンドにて Upstart の状態を更新してください:

% initctl reload-configuration

Windows

Ksocket サービスが停止していることを確認した上で、コマンドプロンプトにて以下のコマンドを実行してください:

> sc.exe delete ksocket

なお Ksocket サービスが停止しているかは sc.exe query ksocket の結果で STATESTOPPED になっているかで確認できます。

Ksocket の削除

Linux

Ksocket のインストール先を以下のコマンドで削除します。 インストール先を変更していた場合は読み替えてください:

% rm -rf /opt/fixpoint/ksocket

Windows

コマンドプロンプトにて以下のコマンドで削除します。 インストール先を変更していた場合は読み替えてください:

> rd /s C:\ProgramData\Fixpoint\ksocket

上記にてアンインストールは完了ですが、完全削除する場合は上記に加えて以下も削除してください

  • スタートメニューのショートカット
  • KSOCKET_HOME という環境変数 (Ksocket v1 の場合)

スタートメニューのショートカットおよび環境変数の削除方法に関しては Windows のヘルプを参照してください。