Windowsからのパッケージ情報取得機能を強化しました 他

Kompira cloudについて、以下の内容を含むアップデートを行いました。

Windowsからのパッケージ情報取得機能を強化しました

Windowsからのパッケージ取得機能では、これまでWindows Microsoft Installer(MSI)形式のインストーラでインストールされたアプリケーションが対象でした。 今回のアップデートにより、その他の形式でインストールされたパッケージも取得できるようになりました。

カーネル情報が取得できるようになりました

Linuxからの情報取得時、カーネル名、バージョン、リリースバージョンを取得できるようになりました。

  • Linuxでカーネル情報を取得した例
    「ノード詳細情報」より確認することができます。

f:id:kompiracloud:20181119114939p:plain

一覧表示のUIを刷新しました

ノード一覧、スナップショット一覧等、Kompira cloud上の各種一覧表示ページの見た目を刷新しました。
また、URLに選択したカラム、ソートキー、ページ行数等の情報を含められるようになりました。
これにより、自分が表示している一覧ページと同様のページを他の人に共有することができます。

その他の改善、修正

その他、いくつかの改善・修正を行いました。

  • スキャンが異常終了したとき、スナップショットサマリにエラーメッセージを表示するようにしました。
  • ノードの「パッケージ一覧」「WindowsUpdate一覧」が更新される際、変化しないものが削除されてしまう問題を修正しました。
  • スキャンを行う際、「実行する」を選択した時の挙動が「デフォルト値を更新して実行する」と同じになっていた問題を修正しました。
  • ノード一覧、スナップショット一覧において取得できていない値が undefined と表示されることがある問題を修正しました。