SNMPv3によるスキャンに対応しました 他

ksocket について、以下の内容を含むアップデートを行いました。

  • ksocket: 1.6.5
  • ksoperations-networks: 1.6.2

SNMPv3によるスキャンができるようになりました

SNMPで構成情報を取得する際、これまではSNMPv2cでのスキャンに対応していましたが、今回のアップデートでSNMPv3でもスキャンが行えるようになりました。

以下はSNMPv3での接続設定ファイルの設定例です。

$ cd /opt/fixpoint/ksocket/etc/ksocket/credentials/snmp
$ cp 999-example.toml.skeleton 200-v3test.toml
$ vi 200-v3test.toml

includes = ["10.10.0.0/24"]

port: 161

[authData]
# ユーザ名
username = "your-username"

# 認証方式
# - usmNoAuthProtocol (認証なし、default)
# - usmHMACMD5AuthProtocol (MD5(HMAC-MD5-96) に対応)
# - usmHMACSHAAuthProtocol (SHA(HMAC-SHA-96) に対応)
# - usmHMAC128SHA224AuthProtocol
# - usmHMAC192SHA256AuthProtocol
# - usmHMAC256SHA384AuthProtocol
# - usmHMAC384SHA512AuthProtocol
authProtocol = "usmHMACMD5AuthProtocol"

# 認証パスワード
#authKey = "your-password"

# 暗号化方式
# - usmNoPrivProtocol (暗号化なし、default)
# - usmDESPrivProtocol (DES(CBC-DES))
# - usm3DESEDEPrivProtocol (3DES-EDE)
# - usmAesCfb128Protocol (AES(CFB128-AES-128))
# - usmAesCfb192Protocol (AES(CFB128-AES-192))
# - usmAesCfb256Protocol (AES(CFB128-AES-256))
privProtocol = "usmAesCfb128Protocol"

# 暗号化パスワード
privKey = "priv-your-password"

設定ファイルの標準形式を変更しました

ksocketの設定ファイル、credentialファイルの標準形式はこれまでYAMLを採用していましたが、今回のアップデートよりTOML形式での記述に対応しました。

以下は、同じ内容の設定ファイルで、左が従来のYAML形式、右が今回対応したTOML形式での記述例です。

f:id:kompiracloud:20190313162129p:plain
左: YAMLファイル, 右: TOMLファイル

TOML形式では、文字列の指定のときに username = "john" のようにクォートで囲む必要があることに注意してください。

YAMLファイルとTOMLファイル両方がある場合、TOMLファイルが優先されるようになります。ksocketアップデートを行う場合はご注意ください。
また、今後はTOMLファイル形式を標準とし、YAMLファイル形式のサポートは将来的に廃止予定 (deprecated) となります。

最新の ksocket はこちらよりダウンロードすることができます。
ksocketを新規インストールするときはksocketドキュメントの2.1章を参考にインストールを行ってください。
ksocketをアップデートするときは、ksocketドキュメントの2.2章に記載されたアンインストールを行ったのち、2.1章のインストールを行ってください。

Kompira cloud 製品紹介ページはこちら
Kompira cloud 資料ダウンロードはこちら