サービスを導入する時に上司を説得する方法

UI/UX担当の福原です。 UXとは、「製品、システム又はサービスの使用及び/又は使用を想定したことにより生じる個人の知覚と反応」 であると、ISOで定義されている件については以前の記事でご紹介させて頂きました。 仕事として必要な製品を導入するとなると…

プロキシ経由でksocketを使用する

ksocket を使用するためには、 ksocketとKompira cloudの間でwebsocket通信を確立する必要があります。 ここでは、インターネットに接続するためにプロキシサーバを経由するような環境下で ksocket を実行するための方法を解説します。 ksbridge について ks…

ノードに文章を記録できる機能を追加しました

Kompira cloudについて、以下の内容を含むアップデートを行いました。 ノードに対して自由に文章を記録できる機能を追加しました Kompira cloudで構成情報を取得すると、機器・OSごとに「ノード」という名前でデータが登録されます。 今回のアップデートによ…

Kompira cloudのノード一覧をCSV/Excelに出力するツールを作成しました

Kompira cloudに保存されたノードの一覧をCSV/Excelとして出力できるツールを作成しました。 github.com ブラウザ上で表示されるノード一覧と同等の情報をCSVやExcelに出力することができます。 インストール、設定、実行方法については上記のリンク先のドキ…

VimConf 2018 に参加しました

Bram Moolenaar 氏の Key note 発表 @VimConf 2018 Kompira cloud 開発チーム築田です。 11月24日に開催された VimConf 2018 に参加してきました。 VimConfについて VimConf は Vim というテキストエディタの国際カンファレンスです。 Vim をご存じない、ま…

Windowsからのパッケージ情報取得機能を強化しました 他

Kompira cloudについて、以下の内容を含むアップデートを行いました。 Windowsからのパッケージ情報取得機能を強化しました Windowsからのパッケージ取得機能では、これまでWindows Microsoft Installer(MSI)形式のインストーラでインストールされたアプリケ…

ローカルネットワークスキャンの実行例

ローカルネットワークスキャンの仕組み では、ksocketがどのようにしてネットワーク内の機器を探すのかを解説しています。 本記事では、あるネットワーク環境を例として、ksocketをインストールして実行するとどのようにスキャン処理が行われるのか、ステッ…

Windows 用 Docker image を macOS で動かす

どうも有末です。 「仕事で使ってない技術でもいいからブログ書いてくれると嬉しい」と言われ、嬉しさのあまり涙で画面が曇ったので、情報を探すのに苦労した Windows 用 Docker image を macOS で走らせる方法に関して書きます。 僕は弊社プログラマの中で…

一般ユーザアカウントで取得できる構成情報を追加しました 他

Kompira cloudについて、以下の内容を含むアップデートを行いました。 一般ユーザアカウントで取得できる構成情報を追加しました SSH経由でスキャンする際、一般ユーザアカウントでも以下の構成情報が取得できるようにしました。 製品モデル名 製品バージョ…

構成情報は、魔法のExcelで管理?

Kompira cloudチームのUI/UX担当、福原です。 WEBサービスのUXと言うと、画面を操作したときの体験だと思っている方も多いでしょう。 でもそれはUXのほんの一部にすぎません。UXとは製品の情報に接したときから使用中、使用後全てを含む包括的な概念になりま…

Azure Container Instancesを利用し、Azure上でよくある構成をセキュアにする

クラウドチームの関戸です。 Azure Container Instancesが9/25にGAしました 。 GAの告知を見ている中で、Virtual Networkへの統合機能がPreviewされていることを知ったため、本記事ではAzure Container InstancesがVirtual Networkに統合されたことにより、A…

攻めの運用、責められない運用

フィックスポイント三角です。 気が付いたら2018年もあと2か月で終わろうとしています。 世の中変化も激しいし、あっという間に過ぎていってしまいますね。 ここ2,3年で採用環境も激変しているようで、 募集しても応募自体がない、応募があっても求める要綱…

RPMパッケージのリリースバージョンを取得できるようになりました 他

Kompira cloudについて、以下の内容を含むアップデートを行いました。 RPM系アプリケーション情報を取得する際、リリースバージョンを取得できるようになりました これまでRPM系パッケージ情報は openssl 1.0.2k のように、バージョンまでを取得していました…

ksocketシステム要件

ksocketは こちら からダウンロードすることができます。 サポート対象OS Red Hat Enterprise Linux 6, 7 CentOS 6, 7 Ubuntu 16.04, 18.04 推奨ハードウェア構成 CPU: 1GHz以上 メモリ: 1GB以上 HDD: 20GB以上

スキャンするために必要な設定

Kompira cloud Sonarでは、ksocket という連携プログラムを使用することにより、オンプレ環境やクラウド (AWS, Azure) 上の構成情報を収集することができます。この記事では、ksocketによって情報収集される機器側に必要な設定、確認方法について解説します…

Kompira cloud Sonarのノードとは何か?

この記事ではKompira cloud Sonar におけるノードとは何かをご紹介します。 Kompira cloud Sonar でネットワークのスキャンを行うと、各実行ごとに1つのスナップショットが作成されます。 スナップショットはスキャンした時点のネットワーク・各ホストの状態…

Kompira cloudからZabbixへの連携ツールを作成しました

Kompira cloud Sonar では、収集した構成情報にAPI経由でアクセスすることができます。 API連携の一例として、Sonarでスキャンしたノード情報をZabbixに自動登録するPythonスクリプトを作成してみました。 github.com 主に下記の機能があります。 Sonarにて…

ノードの検索ができるようになりました 他

ノードの検索ができるようになりました Kompira cloudで収集したノードの情報を、様々な条件で検索することができます。 単純な文字列による検索、項目をキーワードで指定した検索、これらを組み合わせた複雑な検索が使用できます。 詳しくは以下の記事をご…

ノードの検索

Kompira cloudでは、ksocketを使用して収集したノード情報を、様々な条件で検索することができます。 Kompira cloudにログイン後、画面左側のアイコンから検索画面を表示することができます。 検索フォーム欄の下には、検索クエリのチートシートが表示されて…

WinRM 接続を簡単に有効化するスクリプトの紹介

WinRM 接続の有効化の方法 - Kompira cloud Blog 上記記事にて、手動によってWinRM接続の有効化手順を紹介しました。 今回、上記手順をPowerShell用のスクリプトとして用意しましたので、ご紹介します。 github.com 使い方 ファイルのダウンロード Releases…

Azure Virtual Machine インスタンスの構成情報収集ができるようになりました

ksocket について、以下の内容を含むアップデートを行いました。 ksocket: 1.4.2 ksoperations-networks: 1.5.1 ksocket ではこれまでオンプレミス環境およびAWS EC2環境での構成情報収集に対応していました。 今回のアップデートでは、上記に加えて Microso…

スキャンオプションの指定方法を改善しました

スキャン設定のオプションは、これまでjson形式で指定していただくようになっていましたが、今回のアップデートで項目別に入力していただけるようになりました。 旧画面 新画面 入力項目は以下の3項目があります。 追加起点アドレス スキャンの起点となる IP…

スキャンで取得できる項目を追加しました

スキャンで取得できる項目として、以下を追加しました。 BIOS情報 (ベンダ名、バージョン番号) マザーボード情報 (ベンダ名、モデル、バージョン番号、シリアル番号) ハードウェア情報 (ベンダ名、モデル、バージョン番号、シリアル番号) CPU情報 メモリ情報…

ksocketのダウンロード

ksocketは以下からダウンロードできます。 ksocket version Release Date Download Documents Release Note ksocket-20181012 ksocket 1.4.3ksoperations-networks 1.5.2 2018/10/24 Linux (64 bit) pdf Release Note ksocket-20180830 ksocket 1.4.2ksopera…

WinRM 接続の有効化の方法

ksocket にて Windows 機の詳細情報を取得するためには WinRM 接続を許可する必要があります。 これを有効化するには以下の手順を対象のWindows PowerShellコンソール(管理者権限)で実行してください。 # ExecutionPolicyがRestrictedだった場合、RemoteSign…

ローカルネットワークのスキャン

ksocket が配置されたローカルネットワーク内を探索し、ノードや付随する情報を取得することを「スキャン」と呼びます。 スキャン結果は Kompira cloud にアップロードされ Web インターフェースや REST API にて確認することが出来ます。 ネットワークの作…

ローカルネットワークスキャンの仕組み

Kompira cloud にてローカルネットワークのスキャンを行うと、接続された ksocket にて以下のフローに従ってスキャンが行われます。 スキャン候補 IP アドレスの取得 調査対象として考えられる IP アドレスの取得ステップ このステップで得られた IP アドレ…

ksocket トークンの発行

ksocket と Kompira cloud を接続するためには ksocket トークンと呼ばれる認証文字列が必要となります。 この ksocket トークンを発行するには、以下の手順に従ってください。 まず Kompira cloud (https://<契約者毎の固有スペース名>.cloud.kompira.jp)…